車買取の相場 車の下取りと買取の違い

車の下取りと買取の違いについて

乗らなくなった車を手放す際には、「下取り」と「買取」という選択肢のどちらかを選ぶことになります。
いずれも言葉は似ていますが、その性質には様々な違いがあります。

 

まず、下取りの場合ですが、これは主にディーラーや販売店などで車を買い換える場合などに使われます。
今乗っている車をディーラーや販売店に引き取ってもらい、その分で受け取った代金を次に買う車の購入資金に充てるというものが下取りの基本的な流れです。
この「下取り」という言葉は、中古車市場だけに限った言葉というわけではなく、質屋やリサイクルショップなどでも使われている言葉であり、いずれも「その店で商品を購入する」という前提で使われます。
つまり、車を「下取り」に出す場合には、下取りに出した先で車を購入する必要があります。
そのため、まずはディーラーなり販売店なりで買いたい車を決め、その車の販売契約をしたうえで現在乗っている車を下取りに出す、というのが大まかな流れとなります。
下取りとは、「車を買う」というのがありきの取引方法なのです。

 

それに対して、「買取」の場合は必ずしも「車を買い換える」ということが関係してきません。
中古車買取業者の中には車の一般販売も行っているところが多いため、買取に出した業者から車を購入する場合には「下取り」という言葉が使われることもありますが、基本的には「車を買う」ということは関係がなく、
その車を買い取ってもらい代金を受け取る、というので完結します。
「下取り」が次に車を買う先に引き取ってもらうのに限定されるのに対し、「買取」の場合はどこに買い取ってもらっても構わないので、自由度が高いという特徴があります。
インターネットを利用すれば、一括で複数の買取業者に買取金額の見積をとることもでき、こうしたサイトを利用することでより高値で買い取ってもらえるところを探すこともできます。
こうしたメリットがあるのも買取の特徴といえますので、少しでも高い金額で買い取ってもらうことを希望するのであればこうしたサイトを利用して見積をとってみると良いでしょう。