車買取の相場 査定額の決め方

査定額はどうやって決めているのか

車を買取に出す場合、やはり気になるのはいったいどれぐらいの金額で買い取ってもらえるのかという点です。
車の買取について見積を依頼した場合、買取業者の査定担当者が直接車を確認し、査定を行います。
見積そのものはインターネットなどで申し込むことができますが、そこで提示される金額はあくまでも車種や年式、走行距離などから買取業者独自の基準で算出した概算見積となりますので
実際の買取金額については車を直接査定しないことには計算ができないためです。
車の買取金額の査定額はどうやって決まるのかという点ですが、ひとつは車の状態が関係します。

 

たとえば傷やへこみの有無は車の買取においては非常に重要なポイントとなります。
同じ車種であっても、傷やへこみがある車とそうでない車とでは、査定額に違いがあり、当然ながら傷やへこみがない車のほうが高い査定がつくということになります。
とはいえ、外観の状態というのはたくさんある車の査定基準のひとつであり、それだけがすべてというわけではありません。
傷やへこみに加えて、査定において影響してくるのは内装の状態です。
シートの破れや汚れ、たばこなどのにおいなど、内装も外観に加えて重要なポイントであり、外観で問題が無かったとしても内装でマイナス査定になるといったケースもあります。
車の査定についてはそれぞれの買取業者によって基準が異なり、大きく分けてその車種についての「上限金額」を決めてそこからマイナス査定をしていく場合と、逆に「基準金額」から増減させるといった場合とに分かれます。

 

もちろん単純に足したり引いたりするだけでなく、車の現在の状態を総合的に判断して査定金額の計算をしていきます。
同じ車種であっても査定を行う買取業者によって金額がまちまちなのは、査定基準がそれぞれ異なるという理由があります。
いずれにしても、一概にいくらという判断をするためには、買取業者に実際に車を確認してもらうということになります。