車買取の相場 走行距離と査定相場

走行距離と査定相場の関係とは

車の買取を考える場合、走行距離というものは非常に重要なポイントとなります。
その理由は、ある意味当然といえば当然のことですが走行距離が長くなればそれだけ買取価格が低くなるためです。
車といえど永久に走れるものではなく、数々の消耗部品で構成されている以上、走行距離が短いものであるほど中古車市場の査定相場では買取価格が高くなります。
年式や車種が全く同じであっても、走行距離が短いとそうではない車とでは査定額に違いがあるのはむしろ当然の話といえるでしょう。

 

車を買取に出す場合、走行距離の査定の基準としては「50000km」がひとつの目安とされています。
査定に出された車が50000km以内であれば、走行距離を理由とした査定のマイナスは基本的にはありません。
むしろ短ければ短いほど、プラス査定になる可能性があります。

 

しかし逆に50000km以上走行している車の場合はマイナスポイントの対象となります。
この「50000km」という数値は、買取業者の査定基準のひとつでもありますが、実際に中古車を買うユーザーからしてもひとつの分岐点となっているようです。
たとえば50000km以上走っている車というものは「よく使われている車」というイメージを抱く人が多く、逆に走行距離が50000km未満の場合であればそれほど気にならないという人が多い傾向にあります。
中古車の買取を専門に行う業者といえど、その車が販売できなければ利益を得ることはできませんので、できるだけ状態の良い車を商品として揃えておきたいのが現実です。
そのため、実際に車に乗る人のイメージを無視できないということになります。

 

なお、この走行距離については車種によっても決められている場合があります。
人気の高い車種であれば、年式にもよりますが10000kmがひとつの基準とされる場合があり、必ずしも50000kmが分岐点とはならないケースもあります。
いずれにしても、日ごろから車の状態はチェックしておくに越したことはないでしょう。