車買取の相場 車検

車検は通すべきなのか

車を買取に出す場合、気になるのは「車検」です。
たとえば中古車をこちらが買うことになった場合、車検がどうなっているのかというのは気になるところですが、車をこちらが買い取ってもらう場合には、実はそこまで気にする必要はないというのが現状です。
車検が通っていないとその車は公道を走ることができません。
運転免許を持っている人であれば常識ともいえるこの事実ですが、実は車検が切れていても車を買取に出すことはできます。
車の買取というものは、あくまでも「車の本体」に対して行われるものであり、車検が通っているかどうかということ自体は実はそれほど大きな問題ではありません。

 

もちろん、車の買取を専門に取り扱う業者というものは非常にたくさんありますので、業者の中には車検の有無を重視するところもあるかもしれませんが、ほとんどの業者であればそれほど心配することはないでしょう。
車検を敢えて通す必要がないもうひとつの理由は、費用的な理由です。
車検は定期的にその時期が来ますが、その際に車検を通すと、どうしても費用がかかります。

 

全く何も修理するところがなかったとしても、数万円単位で費用を支払う必要が出てきますし、その際に少しでも高く買い取ってもらおうと思って修理をするというのはもっと避けた方が良いでしょう。
その理由は、お金をかけた分について買取業者が保証してくれるわけではないからです。
買取業者にとっては、「車の現状」で査定を行います。
もちろん故障箇所があればその分マイナスにはなりますが、そこを修理していたとして、その部分の修理代を買取金額に反映してくれるわけではありません。
もしかすると、結果的に修理代がマイナスになってしまう可能性もありますので、そう考えると敢えて車検や修理をする必要性が低いということになります。

 

そのため、こうした理由から車を買取に出す前に車検が切れそうだからといって敢えて通す必要はないといえます。
もっといえば、出してもださなくてもそれほど影響はないということになります。